« 春の陽気と旅行者たち | トップページ | 刹那情報社会の読み方 »

2010年4月 4日 (日)

世代交代の必要な政界

ベテラン政治家が、すべて悪いと言わないが、彼らの成功体験は邪魔になる。民主党政権を駄目にしているのは、ベテラン議員の影響力であろう。過去の経験を重視する議員に、連立がらみの大臣が、それに乗っかり、おかしな政策になっている。

与党の小沢氏は、二大政党を作り上げた功績は求められるが、その後の運営は、若い世代に任せるべきだろう。彼から見ると、頼りなく映るかもしれないが、時代の雰囲気を汲み取っているのは、若い世代だ。アドバイスを求められれば、手助けするだけでいい。歴史観については、ベテランの意見も必要だが、一歩下がって全体を見る時期に来ている。

他方、野党の自民党も、すでに賞味期限が切れており、再生はあり得ない。泥船に乗っていても仕方ないのに、未だ再生できると考える人々がいるのには驚く。この党の長老たちも、過去の成功経験が忘れられないのだろう。すでに、自浄作用は働かなくなっている。

ところが、若い議員も、それに反旗を翻して、脱藩しようともしない。自民党の体質に慣らされてしまったのだろうか。その代わりと言っては、なんだが、与謝野・平沼両氏が新党を作るようだ。だが、これは「爺隠居党」か、「爺爺同盟」とも呼ぶべきもので、老人クラブの趣が強い。

新党と呼ぶには、ほど遠く、国民新党のような感じで、旧守派の集まりだ。よって、その実態は、所詮、自民党別働隊に過ぎない。ということは、選挙期間のみの生き残りの対策だろう。彼らが仮に政権に関与しても、自民党時代の古いセンスで、政治を行うだけだろう。

そのことは、すでに民主党と連立を組んでいる国民新党で実証済みだ。彼らは、時代と逆行する政策を民主党を取りこんで実行している。これは国民にとって、大いなる迷惑。国民は、今回の動きも茶番になるだろうと気付いている。

そうなると、やはり、比較的有能と思われる自民党の若い人たちが、新たな候補者と共に、早く新党を結成すべきだろう。お金のことは、心配だろうが、お金のかからない仕組みを作ればいい。手弁当で、選挙に出れる例を示せばいい。

今までの選挙の常識を破ればいい。そして個人献金の先導的仕組みに着手すべきだろう。そうすれば、なんとかなる。派手な活動はしなくても、今はネットでのアピールも効く。問題は、いかに新党の切り口を明確にするかだ。

基本思想、基本方針、政策が曖昧なら、新党は意味がない。そして、すべての人に受け入れられる政策は、新党の場合は、有権者への訴求力に欠ける。となれば、最初は、ある一点突破を考えればいい。そして、将来、政党の規模が大きくなれば、その時点で、総合的な政策に着手すればいい。

そういう意味では、みんなの党のやり方は参考になる。政権政党になるには、難しい政策を掲げているが、同調する人々はいるだろう。よって、政策はシンプルで分かりやすいから、支持されやすい。次の参議院選挙では、与野党に対する政治不信から、浮動票を中心に、一定の評価を受ける可能性が高い。

彼らに続く、若い世代の奮起を促したい。まず、やってみることだ。そのための環境は整っている。政界の新陳代謝は、重要だ。政治は体力。知力共に元気な若い人たちが、重要な政策を担うべきなのだ。

*注記

政治家の「若い」は、50歳以下のこと。普通の感覚と少し違う。逆に、あまり若すぎると、個人差はあるが、難しい。

|

« 春の陽気と旅行者たち | トップページ | 刹那情報社会の読み方 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 春の陽気と旅行者たち | トップページ | 刹那情報社会の読み方 »