« トップのツイッター利用リスク | トップページ | 閑居と漢詩『幽居』 »

2010年5月14日 (金)

組織の新陳代謝

組織も、新陳代謝しないと、病にかかる。それはベテラン病とか、経験者病と言われるものだ。とにかく、過去の実績に捉われるものだから、新しいものに挑戦しない。結果的には、組織の活力が失せる。若い人さえも、それに感染し、やる気を失ってしまう。

組織も人も、ある目的に向かっていると、力を発揮するが、それがないと、方向感を失い、自滅する。そういう組織は、過去にいくらでもある。人間というものは、そのようにできている。こういうことを学ばない組織は、いずれ衰退し滅ぶのだ。

あるプロ野球のチームが、ベテランで、ずっと活躍してきたが、さすがに年齢に勝てず、故障の回復は遅れ、不振が続いていた選手がいたが、個人の記録や、過去のいきさつもあり、色々な人間関係から監督はレギュラーを外せない。

確かに年齢の割に、本人は頑張っていたが、4番の重責は、ここ数年果たしていない。ホームランも非常に少ない。そういう選手を使い続けることは、チームとしては、非常におかしいことは、誰も分かっているのに、誰も言い出さない。

結局、本人の申し出で、出場を控えることになったが、何をか、いわんやである。リーダーが、その決断をできないようでは、監督を引き受けてはいけないだろう。第三者が何を言おうと、自分の意思で、実力主義で以て、チームを運営しなければならない。

そうすれば、チームも沈滞することはない。結果的には、そのベテラン選手の代わりの選手が頑張り、今まで、どこかおかしかった5番打者が4番に座り、4番打者の自覚ができたのか、よい成績を残している。

そのベテラン選手は、復帰に向けて、調整しているようだが、引退の時期を誤ってはいけない。このチームにいる多くのベテラン選手と共に、早く引退すべきだろう。大体、プロのスポーツというものは、野球に限らず、若い人たちが、一所懸命やるから面白いのだ。

だから、ある一定の年齢に達すれば、一線から引くことが望ましい。組織の新陳代謝とは、まさにこのことだ。これはあらゆる世界に言える。企業組織しかり、政治組織しかり、官僚組織しかりである。

|

« トップのツイッター利用リスク | トップページ | 閑居と漢詩『幽居』 »

経営関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« トップのツイッター利用リスク | トップページ | 閑居と漢詩『幽居』 »