« 鬼も十八、番茶も出花 | トップページ | 恋風 »

2010年7月22日 (木)

暑い暑いと言うけれど、、、

気温は、朝で室内で30度程度、昼ごろからは35度ぐらいの状態が、夜まで続いている。そこで、皆さん、暑い暑いと言っている。でも、子ども時代から、この暑さの程度は、あまり変わらない。

変わったのは周辺環境と生活習慣だろう。子ども時代、車が通ると、土ぼこりが舞う、道が多かったが、最近は、ほとんどが舗装されている。そのため、照り返しが強くなり、気温を上げている。また水路に蓋をする暗渠が、水の蒸発で温度が下がるのを妨げ、気温は高いままになっている。

これらは、ある種、利便性を追求したことの結果だろう。また生活の面では、省エネ住宅として、密閉された空間で、クーラーを使うことを覚え、人間の耐暑能力が落ちていることも指摘できる。暑さに親しんでいれば、人間の体は、それに順応する。

でも、楽をしたいため、文明の機器を使うと、人間が弱くなる。それに仕事が絡んでくると、利用するのもやむを得ない。ところが、会社にあって、自宅になければ、身体は我慢できない。そういう悪循環。

でも、簡単な対処法は昔からある。例えば、

 一、適切な水分摂取

但し、体温を上げる、冷たいものの摂取は控える。

どうしてもということであれば、運動量の多い昼間にする。

夕食での摂取は、ゆっくりと。

 二、日傘、防止の着用

最近、帽子も被らず、日傘もしない人が増えているのには驚く。

 三、睡眠をしっかりとる

暑いから眠れない人も多いかもしれない。

しかし、クーラーや扇風機をつけたままにしない。

 四、栄養のある物を摂取。

    ①食欲がなければ牛乳

    ②ニラ、ニンニクの摂取

    ③トマトの摂取。またはトマトジュース

    ④長芋等の摂取

    ⑤うなぎ等

    ⑥肉の摂取は、野菜を十分に

 五、早寝早起きに切り替える

以上は、母から教えられたことだけれど、今でも、当てはまると思う。流風は、暑い夏が比較的好きだけれど、昨日、日中に、木の枝落としをしていたが、さすがに厳しかった。過信しないようにしようと思う。皆さんも、いい夏を過ごしてほしい。

|

« 鬼も十八、番茶も出花 | トップページ | 恋風 »

医・食・健・康」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 鬼も十八、番茶も出花 | トップページ | 恋風 »