« 阿漕な奴 | トップページ | わからない、わからない »

2010年7月17日 (土)

首相は退陣すれば、引退のルールを作るべき

鳩山前首相が、次回の衆議院選挙には出ないと言っていたのに、撤回するらしい。凡そ、日本ほど首相がころころ変わる国も珍しいが、退陣後も、引退せずに、議員に留まる人が多いのは明らかにおかしい。

上りつめた人は、基本的に、議員を引退するのが望ましい。引退して、現政府から要請があれば、特使等で動けばいい。未練たらしく、議員として残り、影響力を残すのは、組織の新陳代謝が進まず、悪い影響を及ぼす。

鳩山前首相は、女々しいことを言わずに、きちんと引退してもらいたい。そうしないと、また民主党のイメージが悪くなる。本当に、困った人だ。もちろん、自民党も、元首相たちがのさばっており、彼らがいる限り、支持するつもりはない。自民党は、支持を得ようとするならば、早く彼らを大掃除することだ。

|

« 阿漕な奴 | トップページ | わからない、わからない »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 阿漕な奴 | トップページ | わからない、わからない »