« 理紀之助の『常道』その四 | トップページ | 上田秋成の『雨月物語』の意図 »

2010年8月23日 (月)

首相の実質任期の問題

以前にも触れたが、日本の首相の実質の任期は短い。政治スキャンダルで辞任するものが多いが、自らの体調不調を訴える者、党内抗争、政権運営に対する自信喪失などが、主な理由だろうか。

それにしても、簡単に辞めるのは、安易すぎる。ころころ変わる日本の政権に対して、国際社会は信用していないことを政治家は考えていないのだろうか。実質、官僚が仕切っているのだから、大きな変化はないと踏んでいるのだろうか。

しかし、国民にすれば、大きな迷惑。政治は停滞し、必要な法案も次々と廃案になる。このロスは、天文学的に無駄だ。政治エネルギーの無駄だ。政治は、最も非効率なのだろう。これを改め、期限を決めて、政治にはスピードが求められる。拙速は戒めなければならないが、論理的な成案スピードは速めなければならない。

他方、法律が多すぎて複雑すぎるのも問題だ。大本になる法律と、瑣末な法律は、きちんと区別しなければならない。優先順序は、政権政党の恣意的なものだろうが、法律の重要性は、きちんと区分されるべきだろう。野党も、問題を複雑にすべきではないだろう。

ところが、これらを改善しても、決定的な問題が、政治決定機構である。まずトップの首相がもころころ代わることが、政治的空白を生み、法律面でも、実効面でも停滞する。今、また民主党内で、代表をどうするか、もめているようだが、国民の意向(管直人首相を代えない)を無視して、いい加減にしてもらいたい。

*注記

もちろん、逆に長期政権がいいとも言えない。長期に政権を担当すると、権力は腐敗する。あるいは独善主義に走る。これも国民にとっても迷惑なことだ。いや、むしろ短期政権より危うい。

*追記

民主党小沢一郎氏も、周辺に利用され過ぎる。今のままでは、鹿児島県民には失礼かもしれないが、西郷隆盛になってしまう。彼は、権力闘争の坩堝にはまるのではなく、表舞台で活躍してほしい。それは例えば、外相だ。

残念ながら、現在の岡田外相は、少し頼りない。海千山千の海外と交渉するには、真面目すぎる。相当前から、日米、日中の交流を続けている小沢氏は、いろんな人脈を活かして、外交分野で活躍してほしい。

某新聞社は、政権の要職に就かせることも反対なようだが、有為の人材を活かすことを考えなければならない。大連立の不成立を恨んでいるのかもしれないが、政治に感情を持ちこむのは誤りだ。

*平成22年8月26日追記

残念ながら、管政権は、挙党一致内閣を拒否したようだ。馬鹿なことだ。権力を握ると感覚が麻痺するとは、このことを指しているのだろう。そんなに有能な内閣と思っているのだろうか。世論に反して、また首相が替るのだろう。

|

« 理紀之助の『常道』その四 | トップページ | 上田秋成の『雨月物語』の意図 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 理紀之助の『常道』その四 | トップページ | 上田秋成の『雨月物語』の意図 »