« 世界金融緩和競争の危うさ | トップページ | 理紀之助の『常道』その六 »

2010年8月27日 (金)

暑さにお手上げ

若い時、休日、自宅にもクーラーもなく、涼を求めに、外に出かけることが多かった。まず目的もなく、定期券を利用して、電車の中で、涼み、商業施設で涼を取ったことが懐かしい。ちょっと効き過ぎた冷房の中で読書したものだ。

始点から終点までの往復をしたこともある。大阪環状線をぐるぐるも、やってみた。でも、何周もすると、子どもじゃないから飽きてくる。それでも、車掌に咎められることもなく、よく乗ったことが懐かしい。

さて、最近も、あまりにも暑い日が続くので、暑さに強い流風も、少し参っている。ただ夏バテはなく、食欲はある。暑さを凌ぐのが大変なのだ。日中の暑さは仕方ないとしても、夕方から深夜になっても、室温が下がらないのが問題だ。深夜に35度は、さすがに参る。

これは昔はなかったことだ。お盆を過ぎれば、夕方から、涼しい風が吹きぬけたものだ。こんな暑さは、子どもの時も経験していない。というわけで、多分、今年ほど、クーラーを使った年はないだろう。

例年、クーラーを使うのは、年に一週間程度だが、今年は、ほぼ毎日利用している。クーラーは身体に悪いなど行っておれない状況だ。でも、電気代が、少し大変。いくら省エネ型でも、結構消費する。本当に困ったことだ。

|

« 世界金融緩和競争の危うさ | トップページ | 理紀之助の『常道』その六 »

医・食・健・康」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 世界金融緩和競争の危うさ | トップページ | 理紀之助の『常道』その六 »