« 淀屋の松 | トップページ | 揺れる検察の独立性 »

2010年9月22日 (水)

月見と団子

本日2010年9月22日は、十五夜。すなわち中秋の名月が拝める。夕方にかけて雷と共に強い雨に降られたが、その後、空を見上げると、満月を見ることができた。少し雲がかかっているが、美しい。

そこで、月見団子に初めて挑戦。上新粉すなわち米粉に水を少しずつ入れながら、かき混ぜ、練っていると、それなりの餅風に。後は丸めるだけだ。ビー玉程度の大きさにして、後は熱湯に入れて、浮きあがってくれば、引き上げて、冷水に入れるだけ。なるほど、やってみると意外と面白い。

残念ながら、ススキは入手していないので、団子のみ、酒と一緒に供える。団子を作って、月を見るのもいいものだ。雷は、今も鳴っている。でも、いい月だ。

|

« 淀屋の松 | トップページ | 揺れる検察の独立性 »

姫路と播磨」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 淀屋の松 | トップページ | 揺れる検察の独立性 »