« 西鶴の「身過ぎ」その五 | トップページ | 政策依存症 »

2010年9月11日 (土)

求められる予算のリストラ(再編成)

管政権で、一律1割削減して、特別予算に回すとしている。しかし、民主党政権は、本来、予算をリストラして、政策の優先順序を組み直して、再編するとしていたはず。現在のやり方は、自民党政権と似ている。管政権のアプローチは自民党と似ており、出身の「新党さきがけ」の体質から抜けきらない。

事業仕分けも、どちらかというと、無駄な経費削減的なニュアンスが高く、それも対象が限られている。肝心な項目には、メスが入っていない。これからということだが、まず予算のリストラ(再編成)をやってから事業仕分けしないと、効率的な仕事にならない。

マニュフェストで謳っていた、民主党の政策の優先順序に従い、まず予算をリストラして、予算の組み替えしてもらいたいものだ。今のままでは、改革どころか改善もできないことを国民は押さえておく必要がある。管政権で、果たして改革ができるだろうか。

|

« 西鶴の「身過ぎ」その五 | トップページ | 政策依存症 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 西鶴の「身過ぎ」その五 | トップページ | 政策依存症 »