« 初来日した女優 | トップページ | 戦国時代の人使いから »

2010年10月 6日 (水)

沢庵禅師の歌

沢庵禅師の道歌に、次のようなものがある。

  心こそ、心惑わす、心なれ

  心に心、心許すな。

心を六つも詠み込んでいる。人間は、弱いものだから、少し、けつまずいただけで、自信を失ったりする。そして、ちょっしたことで、自信過剰になったりする。しっかり自分を見失わないようにしなければならない。自制心で、自分をコントロールするということは大切と説いているのだろう。

|

« 初来日した女優 | トップページ | 戦国時代の人使いから »

古典文学・演芸」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 初来日した女優 | トップページ | 戦国時代の人使いから »