« 税制改革2011 法人税私見 | トップページ | 自ら身を焼いたウサギ »

2010年12月13日 (月)

困った空気清浄機

今年の酷暑の影響で、来年の春は、花粉の量が異常に多いと聞く。困ったことだ。花粉症は、年によって程度が違う。全く出ない年もあれば、ひどい年もある。

ただ流風の場合は、室内のカビに反応することが多く、室内においてのみ、くしゃみの症状が出るので、厳密には花粉症ではないかもしれない。単なるアレルギー症状かもしれない。

屋外では、あまりくしゃみに悩まされることはない。ただ、今年は、二回ほど外出先の施設でくしゃみが出た。これはあまりよくない傾向。

空気清浄機は一台設置しているが、来年の花粉症対策として、寝室にも新たに空気清浄機を設置した。ところが、これが少し困り物。入浴して、寝室に入ると、途端に反応して、赤いランプが点灯して、モーターがフル回転する。明るい上にうるさい。

理由は何かと考えてみると、シャンプーやリンスの香料が影響しているのではないだろうか。それ以外に原因は考えられない。そういうと、別の部屋にある空気清浄機も、トニックやリキッドをつけて髪の毛をセットすると、すぐさま反応する。

空気清浄機は、これらの匂いが、お好みでないらしい。となると、無香料のシャンプーや無香料のトニック・リキッドが必要になる。市場には、そういうものもあるようだが、イマイチ気が進まない。はてさて、どうしたものか。

|

« 税制改革2011 法人税私見 | トップページ | 自ら身を焼いたウサギ »

医・食・健・康」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 税制改革2011 法人税私見 | トップページ | 自ら身を焼いたウサギ »