« 恋愛の芸術 | トップページ | デフレ下の物価高 »

2011年1月30日 (日)

春遠からじ

昨夜から大変寒い。また強い寒波がやってきたようだ。昨夜は、止めていた電気行火を取り出した。ところが、壊れていて、温まらない。ちょっと、これは大変。困ったなあと思って、押入れを探っていると、昔買った記憶はあるが、あまり使ったことのない電気敷き毛布が出てきた。

長年使っていなかったので、使えるかどうか不安だったが、大丈夫だった。温度調節もできる。なぜ、これに気付かなかったのだろう。早速、敷き布団の上に乗せて、更に普通の毛布を被せることにした。

風呂上りに、寝ると、じわっと温かい。これはいい。朝起きたら、大変寒かったが、ぐっすり眠れた。これからも使い続けるかどうかわからないが、氷点下の夜にはいいかもしれない。

起きて、温度計を見ると室内温度零度。寒い。やはり、こういう時は、ガスストーブは有難い。燃料代はかかるが、すぐ温まる。ところが、ガス温水器のお湯がでない。一般水道の方は大丈夫だ。ガス温水器の水道管が凍結しているのだろう。困ったことだ。昼まで待とう。

冬来たりなば、春遠からじ、とは言うもののも、いつまで続くのだろう。今年は、体調はいいものの、早く春が来て欲しいものだ。天気予報は、2月に入ると、3月並みの暖かさになるというのだが。

|

« 恋愛の芸術 | トップページ | デフレ下の物価高 »

医・食・健・康」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 恋愛の芸術 | トップページ | デフレ下の物価高 »