« 信用するということ | トップページ | 運命を変えるには »

2011年1月21日 (金)

今年も節分祭に行こうか

今年は、相当寒そうなので、節分祭りに行くかどうか迷っている。昨年は節分祭の豆まきで、ころころ足下に転がってきた赤いお餅を一個だけ拾った。大人が、子ども時代に戻って、わいわい騒いで豆拾いに参加することは楽しいことは楽しいのだが。

それに節分祭には、割と若い女性が豆まきに参加することも多いから、目の保養(笑)。そういうと、『節分』という狂言では、鬼が女を口説く場面があるが、結局、うまく、嘘をつかれて、あしらわれ、「鬼は外、福は内」と言いながら、豆を蒔かれて退散させられる。声はかけずにおこう(笑)。

やはり今年も、なんだかんだと言っても、矢張り、厚着して、節分祭に行こう。動機が不純かな(笑)。

*追記

また巻寿司の丸かぶりは基本的にはやらない。子ども時代は、普段、母がかっぱ巻きや、しんこ巻きなどを作ってくれて、食していたが、あまり行儀のよいものではない。かっぱ巻きやしんこ巻きは細いから食べやすいが、巻きずしになると、食べにくいこともある。一応、今年の恵方を示すと、南南東らしい。

|

« 信用するということ | トップページ | 運命を変えるには »

姫路と播磨」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 信用するということ | トップページ | 運命を変えるには »