« 『東海道五十三次と浮世絵名品』展を鑑賞 | トップページ | 恩恵の厚さ »

2011年1月 8日 (土)

防災ラジオを購入

もうすぐ、あの阪神淡路大震災が起こった1月17日だ。現地に入ると、廃墟になっており、まるで空爆を受けたような状況だったことを思い出す。今の問題は震災の記憶を忘れないことだろう。人間は自然には勝てないだろうが、用意と準備はすることができる。

以前、拙ブログ「防災の心構え」で、震災に備えるにはどうすればいいか、記した。しかし、その中で、防災ラジオを推奨しておきながら、実は持っていなかった。そこで、先日、家電量販店で、防災ラジオを買いに行った。

価格は大変安かった(千円程度。もちろん中国製)。以前見た時は、もっと高かったように思う。御存じない方に防災ラジオの機能を説明すると、次のようなものだ。

 一、ラジオ機能(AM/FM)

  二、時計機能

 三、ライト機能

 四、防滴機能

 五、サイレン機能

 六、自家発電機能

従来は、寝間に時計、携帯ラジオと懐中電灯を置いていた。ただ緊急サイレンを持っていなかったので、これを持つことで、一応一式準備できたことになる。更に自家発電機能があるので、電池切れの心配もなくなる。災害は起こらない方がいいが、こういうものがあれば、助けになるだろう。後は、携帯電話充電機能かな。

|

« 『東海道五十三次と浮世絵名品』展を鑑賞 | トップページ | 恩恵の厚さ »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 『東海道五十三次と浮世絵名品』展を鑑賞 | トップページ | 恩恵の厚さ »