« 寒さのお陰? | トップページ | 天は二物を与えず »

2011年1月25日 (火)

積極的な心

人間生きていくには、前向きな考え方の方が健康にいいのは明らかだ。でも、若い頃は、それができなかった。どちらかというと、自らを貶め、辛い時期があった。悲観的な考え方では、余計に苦しくなるだけ。結局、内臓の調子もおかしくなった。

そういうことでは駄目だと分かったのは、仕事で七転八倒して、悩んだ末の結果、ある時、気がついた。基本的に、やるだけやれば、なるようになると思うようになった。もちろん、そのことで、他者から、色々言われたが、そういうことも含めて、前向きな方が、好転するようだ。

そういうことは、あの中村天風氏も言っている。もちろん、彼は、戦前、戦争で死線を彷徨って、様々の経験をされて、そういう結論になったので、彼の発言は、流風とは、はるかに比べ物にならないほど、説得性が高い。

彼によると、心の構造は、何事も意識することを繰り返すことによって、無意識が養われる。これは人格形成に大きく影響する。そして、人間の心は宇宙霊とつながっていて、積極的な心を持つことによって、気が動くとしている。この「気」が大切だという。このことは安岡正篤氏も、指摘していた。

そうすれば、望むことが実現する。若い人たちも、これから色々あるだろうが、人間として、原理原則から、はずれなければ、積極的な心を以て、事に臨んでもらいたいものだ。そうすることで、人生の運は開けてくる。まずは強い意識を以て、活動して元気を出そう。

*注記

なお積極的な心とプラス思考とは、深い所で、基本的に異なり、積極的な心は、そんなに単純なものではないらしい。

|

« 寒さのお陰? | トップページ | 天は二物を与えず »

考え方」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 寒さのお陰? | トップページ | 天は二物を与えず »