« 売りたいと買いたい | トップページ | 今年も節分祭に行こうか »

2011年1月20日 (木)

信用するということ

人を信用するということは、人生の大きな課題だろう。信用しないと、何もできないが、信用し過ぎると身を誤る。企業などで、販売先の信用管理をするのは、重要なことだ。すなわち、信用して信用せずということ。

得意先が順調で売り上げを伸ばしていて、信用枠を超えれば、それがいかなる回収条件であろうと、色々調査することは大切だ。そのことをいい加減にして、後で後悔することになる例は大変多いのだ。

すなわち、売り上げは、創業時を除けば、少しずつ大きくなることが望ましい。信用枠の設定も、そういうことになる。そして、得意先の少しの変化を常に観察するくせが求められる。これは個人や従業員に対しても同じこと。

|

« 売りたいと買いたい | トップページ | 今年も節分祭に行こうか »

経営関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 売りたいと買いたい | トップページ | 今年も節分祭に行こうか »