« 原油高騰は続かない | トップページ | 宇宙と人 »

2011年2月24日 (木)

干しシイタケ料理

先日、百貨店で、国産干しシイタケが特売されていた。干しシイタケは、割と高いから、今回は安い(笑)。百貨店も、こういう特売をし始めたか。大体、特売といっても、そんなに安くない場合も、あるのだが、今回は違った。スーパーで売っている干しシイタケと比べても格段に安い。思わず、二袋もかってしまったが、傍にいたお婆さんは、五袋も買っていた。

さて、干しシイタケを使った料理は比較的多いかもしれない。日頃から、干しシイタケを水に浸して冷蔵庫に入れておき、いつでも使えるようにしている。戻したシイタケを料理に使うのはもちろんだが、そのシイタケ水も、出汁として使う。これは健康にいいとかで、そのまま飲む人もいるらしい。

また干しシイタケが癌に有効だと聞いたことがあるが、裏付けは十分に取れていないとも聞く。流風は、幸い、そういうことは気にかけず、美味しいので、食している。普通は、甘辛く炊いて、同じく甘辛く煮た高野豆腐があれば、満足。それに、サヤインゲンを甘辛く煮て、卵でとじれば、言うこと無し。

みそ汁にも入れる。例えば、一日目は、昆布とカツオ節の出汁と具はわかめだけを入れて、少し多めに、普通のみそ汁を作る。二日目は、戻したシイタケとシイタケ汁を加えて、食する。水も味噌も加えない。三日目は、更に、豆腐とねぎを加える。これで、三種のみそ汁を味わえる。

料理としては、邪道かもしれないが、割と美味しいのと味の変化を楽しんでいる。味噌は日に日に薄くなるはずだが、そんなに変な味にならない。十分、味わえる味になるから不思議だ。他の料理としては、ちらし寿司の具や、親子どんぶりの具に使うことが多い。

|

« 原油高騰は続かない | トップページ | 宇宙と人 »

医・食・健・康」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 原油高騰は続かない | トップページ | 宇宙と人 »