« 『播磨国風土記』を読む その三 伊和大神 | トップページ | 原油高騰は続かない »

2011年2月22日 (火)

文字の無い書物

凡そ、人は生まれて、目の不自由な人を除いて、文字のお世話になり、世渡りする。かつて日本も、文盲の世界があったが、世界の中でも、日本は、早くから識字率が上がった。文字は文明の初め故、そこから、いろんな文化、文明を吸収して、新たな文明を発達させたと言えるだろう。それは世界のどこでも見られる現象であろう。

ただ、文字に依存し過ぎると、本質が見えなくこともある。ネット社会では、そういうことに注意する必要がある。特に人間関係は、直接、目を見て、言葉を交わして、相互の考え方を確認することがより重要だ。そこには、文字で表現できない何かがある。文字に捉われないようにしないといけないと、日々感じている。

|

« 『播磨国風土記』を読む その三 伊和大神 | トップページ | 原油高騰は続かない »

考え方」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 『播磨国風土記』を読む その三 伊和大神 | トップページ | 原油高騰は続かない »