« 学者の信念 | トップページ | 今年(2011)の春節祭 »

2011年2月 4日 (金)

止まらない遊園地の事故

東京ドームシティ(遊園施設)で、大きな人身事故を起こしている。またかという感じだ。これまでも、いろんな遊園地で事故が起こっている。ジェットコースターのメンテナンスと運営に問題があるのだろう。流風は、あんな無理な遊具で、楽しみたいとは思わないが、ああいうスリルで快感を得る人々も多い。

ところが、こんなに事故が多いのに、遊園地業者は、自分の遊園地で事故が起こらないと思っているのだろうか。今回の事故でも、管理マニュアルそのものが非常に緩いのには驚いた。サービスの品質管理そのものが、いい加減なのだ。これだと事故が起こるのは当然だ。

ある朝の報道番組の司会者は事業者を擁護して、客自体も気をつけなければならないと言っていたが、本末転倒の意見だろう。彼には、もともと、司会者の資質に欠けているが、ああいう意見を報道で流してはいけないだろう。放送局にも問題がある。

いずれにせよ、過去に事故を起こした遊園地は、ほとんどが閉園している。東京ドームシティも同じ運命を辿るのだろう。他の遊園地は、メンテナンス・運営に更なる配慮をしてもらいたいものだ。

|

« 学者の信念 | トップページ | 今年(2011)の春節祭 »

経営関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 学者の信念 | トップページ | 今年(2011)の春節祭 »