« 地震災害を憂えた良寛 | トップページ | 東京電力の国有化止む無し »

2011年3月28日 (月)

放射性物質は体内に蓄積される

今回の福島原発の事故は、最早、かつて北半球全体を汚染したというチェルノブイリより、ある意味、大きい災害である危機感が国にも国民にも足りない。もちろん、できることは限られている。

関東圏、できれば東京圏の人々も、早く原発の発する放射能を避けるため、できるだけ遠方に避難することだ。チェルノブイリを経験している外資系企業は、もう既に、海外に避難させるか、関西に避難して、本社、本部の移転も完了したか計画している。

ところが、日本では、未だに、放射能に汚染された野菜を食べても安全だ、安全だという、放射能研究者や学者たち。多分、彼らは、電力会社から多額の報酬を受け取っている御用学者だろう。

一体、何の根拠があるのだ。あのチェルノブイリとは違うと言うけれど、大変怪しい。今回の規模は大変大きい。彼らが安全と言えば言うほど、危険だと思えてくる。放射能が拡散して、汚染食品を食べれば、いわゆる食物連鎖で、放射能に被災する。

内部被曝という。人体であれば、短時間に消えるものも確かにあるが、プルトニウム2万4000年、ラジウム1620年、セシウム30年、ストロンチウム28年等、長いものがある。これら放射能は、筋肉、甲状腺、皮膚、肺、脾臓、肝臓、腎臓、卵巣、骨に影響を与え、時間をかけて各種癌を誘発する。

ところが、報道は、東電や国の流す報道を、真に受けてかどうかわからないが、垂れ流しして、危険を強調したがらない。大体、テレビに出演する専門家の発する一面的意見には、姑息な面がある。

放射能は、最早、その程度はあるものの、すでに国土を、蓋っている。今後も、半年とか1年、拡散を続けていくだろう。最早、拡散を止めることはできないだろう。東電も国も、国民には、はっきりと危険を知らせるべきだろう。

そして、原発に近い住民は強制的に早く避難させるべきだ。やっと政府は、それらしい指示はしているが、弱い。もっと、強く指示し、強制するべきだ。放射能は好き勝手に飛ぶので、拡散の方向は見えないが、周辺40キロ圏内の人々に圏外に避難させるべきだろう。そして、二度と戻れないことも伝えておくべきだろう。

更に、その他の人々には、原発半径40キロ内で作られた汚染農産品及び食品の食用中止を呼び掛け、生産者には汚染食品の処理の仕方を徹底すべきだろう。それに加えて、更なる汚染の拡大を見越して、汚染の可能性の低い食品を南半球の国々から早く調達すべきだろう。放射能物質を甘く見てはいけない。

|

« 地震災害を憂えた良寛 | トップページ | 東京電力の国有化止む無し »

医・食・健・康」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 地震災害を憂えた良寛 | トップページ | 東京電力の国有化止む無し »