« 仮設住宅として、民間賃貸住宅の活用を | トップページ | 地震災害を憂えた良寛 »

2011年3月26日 (土)

放射性物質を含んだ水の活性炭処理に効果?

現在、福島原発による水蒸気爆発以後の放射能の拡散は続いているようで、東京都県の水も放射性物質に汚染されているという。そのため、ペットボトルの水が不足して、国は業者に指令して増産を日夜続けているようだ。お陰で、関西もペットボトルの水が売り場にない。関西から東京に送っている人もいるようだ。

でも、ペットボトルの増産である程度は賄えても、全ては難しいだろう。残念ながら、今回の事故で、日本の水道水が、世界の水と比して安全と言われてきたのに、関東圏・東京圏内だけとはいえ、やはりショックである。東京電力の犯した罪は大きい。

それでは、汚染された水を浄化する方法はないのか。厚生労働省は、活性炭素による浄化の可能性について言及している。水道局に、粉末活性炭等で処理せよと言っている(*注)。そこで、ネットで調べてみたが、あるメーカーは、まだ確たる自信はなさそうだが、その可能性はあるとしている。

浄水器なんて、かつて関西の水道の水がまずかったので、買ったことがあるが、手間がかかるので止めてしまった。その後、水道局が高度浄水処理機を導入し、関西の水は格段に美味しくなった。そのため、浄水器は必要がなくなった。

今回の事故で、放射性物質を含む水に対して、活性炭の浄水器が、放射性物質の除去に効果があるのであれば、東京圏・関東圏の方は、とりあえず試してみる価値はあるだろう。

でも、この騒動は、かなり長引く(5年くらいと言われている)ので、できれば、関東圏・東京圏を、取りあえず一時的にも脱出した方が賢明だろう。せめて家族だけでも。将来、辛い病気を抱えるのなら、今、多少コストがかかっても、そちらを選択した方がいい。

どうしても、できない方は、藁にすがる気持ちで、活性炭処理の浄水器で試されては。ただ、どの商品がいいのか、わからない。価格も色々。異常に価格だけ高いインチキ商品も多いようだ。一般では効果の有効性は、わからないので、消費者庁は、各社の試験データを早く出してもらいたいものだ。

*追記

わたなべさんから、コメントで、指摘頂いたが、家庭用浄水器の活性炭で処理しても、活性炭に付着した放射性物質の処理ができない以上、残念ながら、浄水器の使用も、あきらめざるを得ないようだ。

     

  

|

« 仮設住宅として、民間賃貸住宅の活用を | トップページ | 地震災害を憂えた良寛 »

医・食・健・康」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 仮設住宅として、民間賃貸住宅の活用を | トップページ | 地震災害を憂えた良寛 »