« 求められる防災から減災への意識転換 | トップページ | 東日本大震災の復興費用 »

2011年3月22日 (火)

デジタルテレビの受信の乱れ~地震の予兆か

平成23年3月22日午後7時現在、デジタルテレビの受信に乱れ、あるいは一部チャンネルが受信できない。これは3月10日にも見られた現象。明日以降の大きい地震の前触れかも。それが当たらないことを願いたい。何もないことを祈りたい。

*追記

チャンネルの半数以上に視聴できないとか、画像の乱れが起こる場合は、大地震。チャンネルの1~2が、視聴できないとか、画像の乱れがある場合は、中クラスの地震が起こるようである。ただ、どの地域に起こるかはわからない。

*平成23年4月16日追記

本日、午後6時45分、一部チャンネルに画像の乱れ及び視聴不能。

*平成23年4月19日

本日、午前6時32分ごろ、合計3チャンネル視聴不能。近日中に、かなり大きい地震の予兆か。6時35分、福島、茨城で、地震発生とか。これとは関係ないかもしれない。

*平成23年10月6日追記

本日、午後9時頃、合計4チャンネル視聴不能、1チャネル画像乱れあり。近日中に中規模の地震か。地区はわからない。

しばらく、デジタルテレビの受信不能と地震の関係について記さなかったが、やはり何らかの関係が感じられる。どなたか時系列で因果関係を分析できませんか。

*平成23年10月10日午後9時40分

ここ数日、連続して、テレビの受信状況が悪い。そして時間を置いて地震が起こっている。最近は関西が多い。こういう地震の積み重ねが怖い。

|

« 求められる防災から減災への意識転換 | トップページ | 東日本大震災の復興費用 »

マスコミ評論及び各種書評」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 求められる防災から減災への意識転換 | トップページ | 東日本大震災の復興費用 »