« 震災復興に伴い政府は政策の大胆な変更を | トップページ | 東日本大震災復興のグランドデザイン »

2011年3月18日 (金)

仕分けボランティア

今、全国からボランティアの申し込みが被災地にある。だが、被災地は、まだボランティアを受け入れる状態ではない。現在は、灯油、ガソリン、水、食料品など、最低限必要なものが整っていない。運送経路が震災で壊されて、現在整備中。

ただ、いずれ、これらは解決されていくことだろう。そうなれば、被災地に、いろんな物が届いていく。その時に、問題なのは、届いたものの仕分けだ。企業から届く大量の商品は、まだ分かりやすいが、その他の民間から届けられた膨大な物の仕分けは、途方に暮れるほどになる。

あの阪神淡路大震災でも、多くの各地から善意で提供された物が、道に溢れていた。結局、活用されないままになった物も多い。本当に必要な物が、どこにあるか分からない状態。必要な物はどこかにあるのだろうが、それが分からない。そういう状態であった。善意は有難いが、活用できない苦しさ。

今回は、そういうことにならないように、被災地に仕分けして物を送る必要があるだろう。すなわち、送る前に十分仕分けして、必要な物を必要なだけ、必要な場所に届けることが大切だ。そういうことで、神戸の一部ボランティアグループは、送る前段階として、物の仕分けを細かくやっている。全国でも、そういう流れになることを期待したい。被災地に行くのは、それらが終わってからでも遅くないだろう。

|

« 震災復興に伴い政府は政策の大胆な変更を | トップページ | 東日本大震災復興のグランドデザイン »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 震災復興に伴い政府は政策の大胆な変更を | トップページ | 東日本大震災復興のグランドデザイン »