« 自転車のタイヤ交換 | トップページ | 今すぐに止めるべき原発リスト »

2011年4月24日 (日)

求められる電気で制御しないガス機器

家にあるガスファンヒーターは、電気により制御しているので、停電になれば、動かなくなるようになっている。ガスの風呂もそうだ。本当に、これでいいのか。電力会社の陰謀に乗った国策という意見もある。ただプロパンガス使用では、電気を使わないファンヒーターが売られている。なぜ都市ガス用はないのだろう。

結局、普通のガスストーブで、温度計とにらめっこしながら、使うしかないのか。ガス風呂も、昔のように、温度計を浴槽に入れて、適温を計るしかないか。あるいは、ガスコンロのように、電池で制御できないか。

ガス機器が電気と連動していれば、非常時に意味はなくなる。多様なエネルギー源を使った器具の必要性は強く感じるが、電気とつながっていては、仕方ない。国は規制を解除すべきだろう。またガス機器会社も、頑張って欲しいものだ。

|

« 自転車のタイヤ交換 | トップページ | 今すぐに止めるべき原発リスト »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 自転車のタイヤ交換 | トップページ | 今すぐに止めるべき原発リスト »