« 『播磨国風土記』を読む その五 野見宿禰 | トップページ | 電子レンジ使用中止にする »

2011年5月22日 (日)

近畿・中国・四国B-1グランプリに行く

第6回B-1グランプリが、今年、兵庫県姫路市で、11月12日・13日開催される。その前哨戦として、5月21日・22日、近畿・中国・四国B-1グランプリが開催されるということで、昨日行ってきた。流風は、以前にも記したが、B級グルメという呼び方は好きではない。誰もが、最初から二流、三流の商品を作ろうとすることはないからだ。

しかしながら、今さら、この浸透したネーミングを変更することは難しいかもしれない。ただ今回は、「LOCAL  GOURMET   B-1 GRAND PRIX 2011」としており、開催者も、多少、それを意識しているかもしれない。

さて、昨日、行ってきた内容を記しておこう。いや、見てきたというべきか。その会場は2箇所設営されており、姫路城近くの大手前公園(第一会場)と東屋敷跡公園(第二会場)であった。そして、人が滅茶苦茶多い。開始が10時というので、10時半くらいに、のっそりと(笑)、出かけたのだが、あまりの多さに面食らった。

以前、似たような催しがあった時も人は多かったが、とても、その比ではない。どこから人が湧いて出たのかというような雰囲気。後から知ったのだが、前日から並んでいたとのこと。えらい人気。人々の関心は、そんなに強いのか、流風には意外な感じ。

確かに基本単価が300円から400円くらいだから、手軽なことは確か。どこも、長い列だ。しかし、現金での購入はできないから、まず、1000円単位(100円チケット10枚綴り)でイベントチケットを購入しなければならない。その列も会場ごとにあるのだが、長い。並ぶ習慣のない流風はパスせざるを得ない。それに昨日は真夏の暑さだった。

それにしても、関西人は、かつて並んで食事をすることはなかった。これは過去のことなのか。皆さん、長い列を作って並んでいる。若い人たちは抵抗がないようだ。特に人気は、ゴールドグランプリを受賞している、厚木シロコロ・ホルモン、横手やきそば、富士宮やきそば、甲府鳥もつ煮だ(第二会場)。待ち時間、数時間とか。凄い。

流風は、圧倒されて、とても並ぶ気になれない。更に、被災地から招いた、なみえ焼きそば、石巻焼きそば、も同じ会場で、長い列。う~ん、これも凄い。被災地の励ますには十分だ。なお、この催しの収益の一部は、被災地に寄付されるという。

第一会場では、14種類の団体が出展。開催地の姫路おでん、日生(ひなせ。岡山県備前市)カキオコ(お好み焼きに牡蠣の入った物)、高砂にくてん(兵庫県高砂市周辺にある昔からある、甘辛く煮たすじ肉を使ったお好み焼き風)、あかし玉子焼き(兵庫県明石市の名物で、たこ焼きと似て、あらざるもの)、佐用ホルモン焼きうどん(兵庫県佐用町の名物をお爺さんたちがアピールに一役)、伏見稲荷寿司(京都市)など、これらは以前、食した経験のあるものだ。

その他には、まだ食したことがない、鳥取とうふちくわ膳(鳥取県鳥取市)、出雲ぜんざい(島根県出雲市)、津山ホルモンうどん(岡山県津山市)、今治焼豚玉子飯(愛媛県今治市)、呉細うどんカレー(広島県呉市)、須崎「鍋焼きラーメン」(高知県須崎市)、ひるぜん焼きそば(岡山県真庭市)などあったが、また別の機会があれば、食してみようと思う。

しかしながら、B-1グランプリが、こんなに集客力があるとは知らなかった。以前、別の地区でB-1グランプリが開催されていて、集客が凄いとテレビ等では、見知っていたが、現実を目の当たりにすると、これは驚きでもある。

これは手軽なレジャーであるからかもしれない。単価も安いし、イベントチケットの残りは、5月末まで、姫路市内の多くの利用可能店で使えるようにしているのも賢明な策だ。この食の形態の催しは、当面、全国で続いていくのだろう。

*追記

家老屋敷跡公園では、別途「ご当地グルメフェスタ」も併設していた。これは例年開催しているものだが、ここにも、多くの人が集まっていた(ここもチケット制)。

|

« 『播磨国風土記』を読む その五 野見宿禰 | トップページ | 電子レンジ使用中止にする »

医・食・健・康」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 『播磨国風土記』を読む その五 野見宿禰 | トップページ | 電子レンジ使用中止にする »