« 他社の社員は優秀? | トップページ | 生誕130年『松岡映丘』展を鑑賞 »

2011年5月11日 (水)

牡丹と蕪村

  方百里 雨雲よせぬ ぼたん哉   

これから、しばらく天候不順な日が続くという。沖縄では梅雨入りとか。でも、今回の雨は台風の影響らしい。そんな雨の中でも、夏の花である牡丹の花は、しっかり咲いている。

今年は大輪ではないけれど、その咲きっぷりは見事だ。堂々としている。年季の入った女将さん風(笑)。先に挙げた蕪村の俳句も、そういう意味なのかな。どんな色の牡丹だったのだろう。表現方法は違うが、彼の句には次のようなものもある。

  金屏の かくやくとして ぼたんかな

そうか、牡丹は金屏風か。花の王様。そう見えないこともない。もうすぐ咲くであろう芍薬と、比較されるが、牡丹の方が、どっしりとしているのは確か。なにせ「座れば牡丹」だから、それも当然か。流風はすらりとした芍薬も好きだが。ついでに百合もね(笑)。

でも、花の命が短いのは牡丹も同じ。先日、切り花にして、いい匂いを発していたものも、今は、花弁が一枚、二枚と落ちていく。無惨と言えば無惨。それを蕪村も俳句にしている。

  牡丹散りて 打(うち)かさなり   二三片

どんな美しい物も、終わりがある。でも、桜のように、小さい花びらが、はらはらと落ちて行くのもいいが、いつの間にか落ちた大きな花片が重なっているのも風情がある。後の掃除が大変だけれど(笑)。

|

« 他社の社員は優秀? | トップページ | 生誕130年『松岡映丘』展を鑑賞 »

古典文学・演芸」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 他社の社員は優秀? | トップページ | 生誕130年『松岡映丘』展を鑑賞 »