« 待機電力削減はどれくらい可能なのか | トップページ | 『播磨国風土記』を読む その五 野見宿禰 »

2011年5月20日 (金)

今年の家庭菜園はトマト

子供の頃、あまり好きでなかったトマトも、大人になってからは、よく食べる。夏にトマトを食すると、不思議と元気が出る。冬のほうれん草みたいなものだ。大抵が湯剥きして、そのまま食することが多い。一応、夏の野菜なので、冬は控えるようにしている。どうしても食したい時は、温め料理に使う。

さて、今年の家庭菜園は、失敗の少ない、というより滅多に失敗しないトマトにした。トマトとミニトマトの苗を買ってきて、先日、植えつけた。ところが、昨日、見ると、トマトの苗が折れている。理由はわからない。想像できるのは、野良猫の仕業かもしれない。

今、トマトの苗を買い直すか迷っている。一度、ケチのついたものには、嫌な感じなのだ。変更して、キュウリかナスの苗に変えるかもしれない。いずれにせよ、ミニトマトだけでは、物足りない。今年の家庭菜園は、スタートから、つまづいてしまった。ちょっと、慎重に事を運ばねばという気分になっている。

*追記

結局、折られたトマトの苗の分は、買い直すこととした。そして、追加はシシトウを。

|

« 待機電力削減はどれくらい可能なのか | トップページ | 『播磨国風土記』を読む その五 野見宿禰 »

医・食・健・康」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 待機電力削減はどれくらい可能なのか | トップページ | 『播磨国風土記』を読む その五 野見宿禰 »