« ざっくばらん、という言葉 | トップページ | 他人の世話になるということ »

2011年6月20日 (月)

大任に不向きな人~『管子』より

『管子』には、大任に向かない人を挙げている。それは、まず嫉み深い人。嫉みは、何も女性の世界だけではない。男の嫉みは、もっと厭らしいものがある。嫉みが深いと、真実が見えなくなるし、客観的に物事が見えなくなるから、判断を誤る可能性が高い。このようなタイプに重要な役割を任せてはならないと言っている。

次に、えこひいきの強い人物には、大任を任せてはならないとする。彼らは、結局、私心で何事も事を進めるため、大局が見えなくなる。概ね、イエスマンを周囲に侍らせ、徒党を組むようになる。それは大きな弊害を生む。これらのタイプは、たとえ有能であっても、登用してはいけないのだ。

これらを避けるように人材を育成するには、遠くの未来を見定め、大きな計画を持つように仕向けることが大切だ。目前の小さなことに捉われずにいれば、心はいつも明るく健全に保たれる。そして、幸之助も言っていたように思うが、自然体で正しい心を持つことが大切だ。

|

« ざっくばらん、という言葉 | トップページ | 他人の世話になるということ »

経営関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ざっくばらん、という言葉 | トップページ | 他人の世話になるということ »