« 天然鰤が大漁とか | トップページ | 『きけ わだつみのこえ』を読む »

2011年6月23日 (木)

夏バテしないことが節電に

子供の頃、現在のようにクーラーなんてなくて、夏の暑さをしのぐには、せいぜい扇風機と団扇くらいしかなかった。後は、夕方に近所で、申し合わせたように、打ち水をしていた。子供たちは、お昼ごはんの後、昼寝をさせ、昼寝をしていると、子供たちは、暑さを忘れると母は、常々笑いながら言っていた。

暑さなんて、そんなものかもしれない。寒さと比べれば、どうってことはない。ただ直射日光に当たることは、避けよとよく言われたものだ。できるだけ日蔭を歩きなさいと。それでエネルギーの消耗を小さくするわけだ。そして帽子の着用も必須だった。

最近、節電、節電とうるさいが、基本的な生活習慣を改めれば、身体は楽になる。夏には、早寝早起きは必須だろう。朝の涼しい時間に、いろんなことを処理してしまえば、後は楽に過ごせる。それは仕事でも、勉学でも、日常生活でもだ。

またクーラーを使わなければ、大幅な節電は可能。もともとクーラー自体、あまり使わないから、流風家はあまり影響がないが、使わないようにする方法はある。昔から言われてきたように、冷たい物の摂取を控えることだ。そうすれば、夏バテは避けられる。

夏バテはクーラー使用の元凶だ。いくら夏バテ対策だと言って、カロリーの高いものを食しても、冷たいビール等を飲めば、夏バテは、防げない。暴飲暴食を止めるというのは、そういう意味も含んでいる。

そんなことを言えば、ビールメーカーや飲料メーカーは困るかもしれないが、夏は温かいものを摂取すれば、夏バテは、ある程度、防げることは明らか。むしろ、日本酒の熱燗の方が体にいい。

でも、冷酒は、あまり宜しくない。冷やしたビール類を全く、飲むなとは言わないが、適量に控えたほうがいい。いずれにせよ、節電には、夏バテ要因対策を徹底することが、効果があると知るべきだろう。

|

« 天然鰤が大漁とか | トップページ | 『きけ わだつみのこえ』を読む »

医・食・健・康」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 天然鰤が大漁とか | トップページ | 『きけ わだつみのこえ』を読む »