« さんまさんの引退発言を考える | トップページ | 『播州皿屋敷』物語について »

2011年7月14日 (木)

子供躾点検リスト

子供の躾は、各家庭で色々あるだろうが、鈴木和男氏は、次のように挙げられている。ただ、両親も同様に心がけなければ、子供にもよい影響を与えられないことは確かなようだ。子供は親の後ろ姿を見て育つ。親は見本だ。当たり前と思われるかもしれないが、よく整理できているので、今更ながらとは思うけれど、紹介しておく。

一、正しい挨拶の習慣

  ①朝の挨拶 「おはようございます」

  ②食事の時 「いただきます」

  ③出かけるとき 「行ってきます」

  ④外から帰った時 「ただいま」

  ⑤家の人が帰って来た時 「お帰りなさい」

  ⑥近所の人に 「こんにちは」

  ⑦来客や訪問先で、丁寧に挨拶

  ⑧床に就く時 「おやすみなさい」

二、正しい生活習慣

  ①洗面と歯磨き

  ②食事の前に手を洗う

  ③食事のマナー

    イ テレビや新聞を見ない

    ロ 肘をついたり、足を上げたりしない

    ハ 食器を鳴らしたり、舐めたり、食べ物を手づかみしない

    ニ 手をつけたものは全て食べる

  ④家事の手伝いをする

  ⑤トイレに入った後の手洗い(*注)

  ⑥近所の人や友人と仲良くする

三、学ぶ態度と習慣

  ①他の人の意見を素直に聞く

  ②本や新聞を読む

  ③ニュースの地名や分からない言葉を聞いた時、すぐ調べる

  ④友達や近所の人のよいところを認めて、自分も、そうなろうとする

  ⑤日記や家計簿をつける

  ⑥自分の考えは、はっきり言う

  ⑦お稽古の練習は時間を決めて毎日やる

  ⑧やらなければならないこと(宿題や買い物)は、億劫がらずに、まめにやる

以上。

一応、基本的なことは記されている。もちろん、これだけでは不十分かもしれない。細かいことを言えば、箸の上げ下ろしもそうだろうし、帰宅時には、手洗いとうがい、家用の服に着替えることも必要だろう。そういうことは各家庭で付加が必要だ。

また、躾は、子供時代にしっかりできていないと、大人になってもなかなかできない。鉄は熱いうちに打て、とは将にそういうことだろう。因みに、流風が、きちんと躾けられ、それを守ったかと言えば、若干疑問符がつく(苦笑)。

*注

ちなみにユダヤの人々は、トイレの用をたす前に、手を洗う。確かに、その方が理にかなっている。特に男はね(笑)。

|

« さんまさんの引退発言を考える | トップページ | 『播州皿屋敷』物語について »

考え方」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« さんまさんの引退発言を考える | トップページ | 『播州皿屋敷』物語について »