« 壁に耳あり、障子に目あり、ということ | トップページ | サービス業の人の品質管理 »

2011年8月25日 (木)

朝はしっかりと食事を

朝起きて、一日の初めに、しっかりと食事しておくことは大切だ。そのことは、度々、識者から忠告されるが、できない人が未だにいる。一日を元気に過ごすには、まず朝食をしっかり摂ることだ。軽食では、昼までもたない。コーヒーと食パン一枚というのは最悪だ。

現代は、サラリーマンが多いので、そんなにしっかり食事しなくていいという意見も聞こえてくるが、脳が一番エネルギーを消費するのだから、中途半端なエネルギー補給では、能力を発揮することも難しい。

朝、子供のように、勢いよく駆け出すパワーが必要だ。元気であれば、大きい声も朝から出る。それは周囲も明るくする。そのためには、朝食をしっかり摂ろう。そして、やるだけのことをやればいい。それだけで、極楽、極楽。成果を上げる人は、その継続ができた人。

|

« 壁に耳あり、障子に目あり、ということ | トップページ | サービス業の人の品質管理 »

医・食・健・康」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 壁に耳あり、障子に目あり、ということ | トップページ | サービス業の人の品質管理 »