« 海舟の内政論 | トップページ | 朝はしっかりと食事を »

2011年8月24日 (水)

壁に耳あり、障子に目あり、ということ

最近は、あまり居酒屋に行かないが、若い時は、同僚や先輩とよく行って、上司の悪口や会社のやり方が悪いとか言って、憂さを晴らしていた。今でも、時々、行くと、会社員らしき人たちが、大きな声で、わいわいやっている。時代は変わっても、人間やることは同じだ。

ただ、上司の悪口ぐらいで収まれば、それは問題ないが、会社内の悪い噂を話すのは、あまりよくないと思う。「壁に耳あり、障子に目あり」と言われるように、どこで誰が聞いているかもしれない。それに最近のサービス業は、従業員教育が十分でないところも多いので、どこから情報が漏れぬとも言えない。

また、最近は、内部告発として、社内情報を外部に積極的に伝えるということも、よくされるようだが、本来は、あまり望ましくない。企業が反社会的行動を取っている場合は、仕方ないが、告発によって、全てが失われることを覚悟しなければならない。

武田信繁も次のように言っている。なお、信繁は信玄の実弟。

  他家之人に対し、家中の悪事、努努(ゆめゆめ)語るべからず。

  云う、好事門を出でず、悪事千里を行くと。

企業は、それぞれ他社と競争している。敵方に足元を見られるような隙を見せてはいけないということ。企業内部での処遇への不満から、度々内部告発はされるようだが、問題があるのなら、まず、それを糺す努力が必要。それでも、どうしても無理なら、去ればいい。告発などして、一時的に讃えられても、多くの人の恨みを買うだけだ。

また、大きく脱線してしまったが、社外で話す内容には、社員は慎重にならねばならぬ。だが、最近の大企業のトップの中には、情報公開の解釈を勘違いして、経済誌や新聞等マスコミのインタビューに、ぺらぺらしゃべる人がいる。

そういう企業の社員は、余計なことを話さないか、はらはらしながら、それを見つめている。彼らトップたちは、「壁に耳あり、障子に目あり」に気をつける以前に、まず、その資質に問題があるのかもしれない。

|

« 海舟の内政論 | トップページ | 朝はしっかりと食事を »

経営関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 海舟の内政論 | トップページ | 朝はしっかりと食事を »