« 理屈と現実 | トップページ | 腰軽く、腰低く »

2011年8月31日 (水)

噛めば噛むほど、、、

母は体が弱かったせいか、健康食には熱心だった。御飯も、麦御飯にしたり、雑穀米を混ぜたり、玄米御飯にしたりしていた。麦御飯や玄米ご飯と言っても、100%麦だったり、玄米ではない。せいぜい比率にして20%ぐらいを混ぜるだけだろう。

しかし、父は、基本的に白米が好き。麦御飯や、雑穀米や玄米は、美味しくないと嫌がっていた。母は、これらは健康にいいし、噛めば噛むほど味が出ると言っていた。確かに母の言い分はそうであろうが、食べ物は美味しく食べないと、健康によくないのも事実。

結局、週に2回ほど、そのような御飯にするということで、妥協した。ただ、父は胃腸が悪かったので、当日は、父の分だけ白米を炊いていたようだ。

最近、そういった母を思い出して、雑穀米を混ぜたり、玄米を混ぜて炊いてみると、確かに美味しくはない。それでも、噛む回数は増えたような気がする。後は、かなり通じがよくなったことくらい。元々、よい方なのだが、いわゆる切れがいい(笑)。今後も、時々は、そうしてみるか。

*追記

なお、雑穀米とか、玄米は、品質がきちんと管理されたものを買う必要がある。玄米には、農薬や重金属、最近では放射性物質が含まれている可能性がある。流風は、一応、安全性が評価されたものを買っている。

|

« 理屈と現実 | トップページ | 腰軽く、腰低く »

医・食・健・康」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 理屈と現実 | トップページ | 腰軽く、腰低く »