« 福島被災地の子供たちの集団疎開を | トップページ | 兵庫県播州地域の大地震の可能性 »

2011年8月20日 (土)

神戸のベンチャー企業が除染実験に成功

このブログでは、個別企業について、あまり記さないのだが、今回は取り上げておこう。ニュースによると、兵庫県立工業技術センターと、神戸市のベンチャー企業、八紀産業は、放射性物質に汚染された土壌の除染実験に成功したようだ。

八紀産業の凝集分離剤「フロッグ(FROG)」で吸着し、90%以上の高い割合で放射性物質を除去できるという。「フロッグ(FROG)」自体は、アオイ科の植物や海藻由来の化石などの天然素材を原料としている。

実験によると、放射性ヨウ素、セシウムなどを吸着するそうだ。これが具体的に活用されれば、除染の問題は、一定の目途が立つかもしれない。早く、実用化の目途を立てて欲しいものだ。

なおベンチャー企業、八紀産業については、昨年、NHKでも、取り上げられたそうで、活動内容については、下記参照。

    http://www.youtube.com/watch?v=cnUsN4lydQE

  

|

« 福島被災地の子供たちの集団疎開を | トップページ | 兵庫県播州地域の大地震の可能性 »

経営関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 福島被災地の子供たちの集団疎開を | トップページ | 兵庫県播州地域の大地震の可能性 »