« 日本は、国際会計基準(IFRS)に参加するな | トップページ | 党内闘争と映画『金環蝕』 »

2011年8月28日 (日)

甘酒いろいろ

甘酒は、観梅や雛祭りの頃だけでなく、夏は夏バテ予防として、江戸時代から愛飲されてきた。父も、大好きで、夏になると、普段、買い物はしないのに、缶入りの甘酒を、たくさん買ってきて、母を驚かせていた。

最近は、缶入りだけでなく、いろんなものが売られている。一応、列挙しておこう。

 一、濃厚タイプ甘酒

     どろっとしており、そのまま食してもいい。

     プレーンヨーグルトで割ると、なお美味しい。

 二、缶入り甘酒

     ややどろみがあるが、飲みやすい

 三、ワンカップタイプ甘酒

     若干、味が薄いが、気軽に飲める

 四、簡易温めタイプ甘酒

     パックごと、お湯で温めて、容器に移し替えて飲む物

 五、フリーズドライタイプ甘酒

     フリーズドライの甘酒をお湯や冷水で戻すもの

いつの間にか、各種いろんなタイプの甘酒が売られている。流風は、いろんなタイプをそれぞれに楽しんている。夏バテしそうになっても、甘酒飲めば、大丈夫。先人の知恵は大きい。

|

« 日本は、国際会計基準(IFRS)に参加するな | トップページ | 党内闘争と映画『金環蝕』 »

医・食・健・康」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 日本は、国際会計基準(IFRS)に参加するな | トップページ | 党内闘争と映画『金環蝕』 »