« 『播磨国風土記』を読む その十一 根日女のこと | トップページ | 風水害対応について »

2011年9月22日 (木)

一生懸命ということ

以前、一所懸命ということを取り上げたが、今回は、一生懸命として取り上げてみる。語源的には、一所懸命が始まりで、一生懸命に変化して行ったとされる。一所懸命が、持ち場でしっかり役割を果たすことを言うのに対して、一生懸命は、若干ニュアンスが違う。瞬間、瞬間をを懸命に生きる感じだ。

さて、以前にもどこかで記したことだが、流風が若い頃、辛そうに仕事をしていると、「もっと楽しそうにやれ」と上司や先輩方から注意を受けた。その後、仕事を楽しくやっていると、先輩に告げると、「まだ、仕事の厳しさが分かっていない。もっと一生懸命に仕事をやれ」と叱られた。

そして、一生懸命仕事をして、なかなか成果が上がらないと自分が情けくなった。その事を言うと、父からは、「一生懸命を忘れろ。そうすれば、必ず成果が上がる」とアドバイスを受けた。こうなると、禅問答だ。

要するに、瞬間、瞬間を精一杯に生き、それを積み重ねていく。そして、それを意識の外に置くようなやり方が望ましいのだろう。他者の評価を意識しているようでは、一生懸命の域に達していないということだ。人生は修行ですなあ。若い人、頑張れ。

|

« 『播磨国風土記』を読む その十一 根日女のこと | トップページ | 風水害対応について »

考え方」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 『播磨国風土記』を読む その十一 根日女のこと | トップページ | 風水害対応について »