« イカと大根の煮物 | トップページ | 神戸ビエンナーレ2011について »

2011年9月25日 (日)

手こすり健康法

以前、両手をこすり、その手を患部に当てると、よくなるというのを紹介した。両手を擦り合わせると、摩擦熱が発生するからだろうか。よくわからないが、確かに効くという人は多い。流風も、時々、試してみることもある。

さて、今回紹介するのは、掌で直接、症状に関連している部分をこする方法。例えば、風邪気味だったら、肺の部分に手を当て、少し強くこすってみるのである。小さい頃、喘息だったので、近所の方に、乾布摩擦として、タオルでごしごしすれば、肺が強くなると教えられた。

ただ、今考えると、タオルでごしごしやると、皮膚を傷つけることになるので、本当は、あまり勧められない。韓国では、垢すりとか言って、そういう美容法があるそうだが、あまり健康にはよくないようだ。掌であれば、そういう危険性は少ない。

効果は、朝目覚めた時にやるのが効果がありそうだ。時々試してみるが、体がポカポカしてくる。これで、一日の開始がしやすくなる感じ。これからの寒い時期には、別にどこも悪くなくても、いいかもしれない。

また、花粉症の原因に、肺が弱っているからという人もいる(実は父が母の花粉症を見て、言っていた)ので、このやり方は、多少効果があるかもしれないが、はっきりとしたことは言えない。ただ試しても毒にはならないだろう。

*追記

他人にマッサージをやってもらうのもいいが、自分の手が届く範囲は自分でやった方がいい。

|

« イカと大根の煮物 | トップページ | 神戸ビエンナーレ2011について »

医・食・健・康」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« イカと大根の煮物 | トップページ | 神戸ビエンナーレ2011について »