« 『太平記』にみる南北朝時代の戦い方 | トップページ | 最近の洗濯機 »

2011年9月17日 (土)

周囲を豊かにする発想

この世の中、自分だけが豊かになることはない。利己心で、自分だけが豊かになればいいという考え方をした国は、歴史的に貧しくなっている。過度な金儲けに狂奔したり、他者を苦しめて暴利を貪ると、個人レベルでも、社会レベルでも、国家レベルでも、衰退していく。

世の中は不思議な構造になっている。逆に周囲を豊かにする発想をすると、回り回って、豊かにした人も豊かになっている。ここで言う「豊か」とは、物心両面でだ。もちろん、過剰な物心の満足を求めたりはしない。今、多くの日本人は、大きな災害を見て、足下を見ているのではないか。他者への関心が自分を豊かにしていく。

|

« 『太平記』にみる南北朝時代の戦い方 | トップページ | 最近の洗濯機 »

考え方」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 『太平記』にみる南北朝時代の戦い方 | トップページ | 最近の洗濯機 »