« 兵庫県立歴史博物館の『四大浮世絵師展』について | トップページ | 播磨娘子の別れ歌 »

2011年10月 8日 (土)

栗ご飯を作る

秋になると、栗ご飯を毎年、子供時代を思い出して、一応作る。でも、いつもは、出来合いの栗と汁がセットになったものを洗った米に投入して作っていた。今回は、たまたま美味しそうな栗が目についたので、思い切って買ってみた。

子供の頃、母は確か蒸し栗をおやつに食べていたのを覚えているが、栗ご飯をどのようにして作っていたのかは知らない。少し調べてみた。今回は熱湯で茹でて、皮を剥くことにした。簡単に剥けるのもあるが、なかなか剥けないものも物も多い。ちょっと四苦八苦。少し後悔(笑)。

何とか剥き終わり、洗った米に、適当に酒とみりんと昆布と塩を一緒に投入し、炊き上げた。出来合いの物より栗の形は悪いが、初回にしてはまずまずか。なかなかの味と自画自賛。昔懐かしい母の味だ。残った栗は、蒸して、おやつとして食べよう。

|

« 兵庫県立歴史博物館の『四大浮世絵師展』について | トップページ | 播磨娘子の別れ歌 »

医・食・健・康」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 兵庫県立歴史博物館の『四大浮世絵師展』について | トップページ | 播磨娘子の別れ歌 »