« 花入~桂籠のこと | トップページ | 波乱万丈の千姫の一生 »

2011年10月 4日 (火)

秋の匂い

   痩せながら わりなき菊の つぼみ哉   芭蕉

   白露や 茨の刺(はり)に ひとつづつ   蕪村

今朝はぐっと冷え込んで、本格的な秋がやってきた感じだ。自宅のなかなか咲かなかった萩も、可愛い花を少し咲かせている。萩にも色々種類があるそうだが、近所の家の萩は、少し前から満開。それに比べて、自宅の萩はなかなか咲かないので、心配していたが、今朝見ると咲いていた。寒くならないと咲かないらしい。

また菊は、一部の小菊は咲いているが、本格的には、これからという感じ。大輪の菊の栽培している方もいらっしゃるが、流風は、まだ、そこまで興味はない。せいぜい、もうすぐ始まる菊花展を見に行くぐらいだ。

ヤツデも、涼しくなってきたから、より元気な様子。今年、実生から更に、小さなヤツデを発見。これで二株目だ。先に生えたヤツデは、少しずつ大きくなってはいるものの、まだ小さい。移植したい気持ちはあるが、ここはぐっと我慢している。

さて、今日の夕食は鍋にしますか。

 

 

|

« 花入~桂籠のこと | トップページ | 波乱万丈の千姫の一生 »

古典文学・演芸」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 花入~桂籠のこと | トップページ | 波乱万丈の千姫の一生 »