« 万理一空ということ | トップページ | 花入~桂籠のこと »

2011年10月 2日 (日)

美味しいレンコン

先日、売り場で、美味しそうな色白のレンコンを見つけ、買ってみた。冬場には比較的よく買うが、これからがシーズンだ。そして、毎年、レンコンを様々なレシピで試してみたが、結局のところ、お節で作る煮しめのように、レンコンを煮たものが一番おいしい。料理としては簡単で、その上、美味しいので、今後は迷わず、煮ることにした。

念のために、どのように調理しているかと言うと(笑)、まず皮を剥き、輪切りにして水にさらす。よく酢水にさらすという人もいるが、料理店じゃあるまいし、そこまではやらない。確かに、仕上がりの色は、醤油の量で黒くなるが、健康のためにも、少なくすれば、それほど気にする程度にはならない。

後は、出汁(昆布と鰹のだし。ここは手抜きせず、自分で作る。インスタントの出汁は極力使わない)、砂糖、みりん、醤油に火をかけ、沸騰したらレンコン投入し、再度沸騰したら、火を弱めて煮る。鍋の大きさによっては落しぶたをして、蓋をして煮る(その方が早く仕上がる)。これで゛出来上がり。

ただ、これだけだから、男でも簡単。その上、とても美味しい。結局は、素材次第と気づく。同じように、ごぼう、にんじん、シイタケ、こんにゃく、里芋、高野豆腐も同様に作ることもある。ただ高野豆腐の場合は、塩を少し入れる。このようなシンプルな料理が、案外、身体によい。

料理番組で、手の込んだものがたくさん見受けられるが、手間がかかるし、本来の素材の味を誤魔化した料理に思えて仕方ない。素材を活かした簡単な料理がいいと流風は思う。

|

« 万理一空ということ | トップページ | 花入~桂籠のこと »

医・食・健・康」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 万理一空ということ | トップページ | 花入~桂籠のこと »