« 報道の劣化 | トップページ | 政党の私物化 »

2011年12月 7日 (水)

喫茶店について、うだうだと

毎朝、寒い日が続いている。やはり温かい飲み物はありがたい。緑茶、コーヒー、紅茶、ウーロン茶、はと麦茶、ココア、蜂蜜レモン、ショウガ湯、甘酒など、色々試す。外に出ると、最近は、あまり利用しなくなった喫茶店だが、たまに利用する。うだうだと、取り留めもなく、喫茶店について記す。それが本日の気分(笑)。

残念ながら近所にはなく、駅まで出ないと、お気に入りの喫茶店はない。よく行く喫茶店は、昔からあるタイプの喫茶店、後はスタバ、ドトールが多いようである。喫茶はハンバーガーショップでもできるが、どうも入りにくい。客層に違和感がある。以前、プリペイドカードを頂いたことがあるが、利用はしなかった。

やはり喫茶店は、落ち着けるところがいい。だけど、そういうところは、時たま利用するが、コーヒーの味はたいして変わらないのに概して高い。昔は音楽喫茶などもあったが、最近はあまりない。若い頃は、一杯のコーヒーで、店には迷惑だろうが、どれだけ長く粘るかという楽しみがあった。今は粘る意欲もない(苦笑)。

ということで、最近は、スタバ、ドトールに行く。ただし、スタバは商品の割に、値上がりして価格が高いので、あまり行かなくなった。客層も、最近は、どこか合わない。接客もイマイチだし、設備の定期的な更新もされていないに様に感じる。接客は、マニュアル通りにやっているのだろうけれど、何か違和感がある(ただし、店によって、多少、印象は異なる)。

それに比べて、ドトールは、どの店も、接客に安定感がある。一部、不愉快な店もないではないが、流れるような接客で、大方の店で苦痛は感じない。接客も安定しているだろう。それに価格も安い方だろう。価格に対して、ほどほどのコーヒーの味と接客。それが安心感を生む。

話は変わるけれど、少し前のことだけれど、そのドトールの店で、隣のお婆さん三人組の内、おしゃべりな方と、たまたま話す機会があったけれど、彼女らがおしゃべりできる空間があまりないとぼやいていた。田舎から出てきたときは、ここで時間を過ごすそうだ。

春から秋にかけては、屋外で、いくらでも駄弁る場所はあるが、さすがに、この時期はそういうわけにもいかないということのようだ。それで喫茶にかける予算は1日200円程度らしい。なるほどね。金が余りかからず、おしゃべりできる空間か。女性らしい。

流風は、以前は、喫茶店で読書ということも多かったが、最近は減っているかもしれない。どちらかというと、夏場の利用の方が多い。この寒い時期は、暖房の効いている喫茶店に行くのもいいが、風邪をうつされても困るし。でも、喫茶店は気軽な交流の場。今後も、無くなることはないだろう。それぞれに頑張ってほしいものだ。

|

« 報道の劣化 | トップページ | 政党の私物化 »

経営関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 報道の劣化 | トップページ | 政党の私物化 »