« 平清盛と神戸 その十二 その他の地区の観光スポット | トップページ | 刈萱上人の無常観 »

2011年12月 3日 (土)

藤の前の悲劇

今回も、播磨と関わりのある人物について、触れてみよう。それは藤の前の悲しい話だ。彼女は、別名、顔世御前(*注1)ともいう。彼女は、塩冶高貞の妻だ。塩冶高貞とは、浄瑠璃や歌舞伎では、『仮名手本忠臣蔵』に出てくる塩冶判官のことだが、実際の話とは全く違う。

『仮名手本忠臣蔵』では、実名を使えないから、『太平記』から、この人物の名前を借りてきたに過ぎない。『太平記』に記されている藤の前の話は次のようになっている(若干、流風が脚色)。

藤の前は、後醍醐天皇のお気に入りの官女で、弘徽殿の局とも呼ばれた(*注2)。大変な美人であったらしい。後醍醐天皇は隠岐に流されるが、その時にも一緒に連れて行っている。それほど愛した官女なのだ。

後醍醐天皇は隠岐から脱出を図るが、それを助けたのが、塩冶高貞だ。彼は、名和長年と千騎で駆けつけ、幕府軍を破り、天皇を無事、京に送り届ける。ところが、天皇には、渡す礼が何もない。そこで、自分の一番のお気に入りの藤の前を、褒美として下げ渡す。

褒美と言えば聞こえはいいが、天皇も、そろそろ藤の前に飽きがきていたのかもしれない。昔は、自分の女を臣下に下げ渡すということがよく行われたようだ。鎌足も、鏡王女を天智天皇から下げ渡されている。女性を奴隷や物のように扱うのは、当時の時代性というものだろう。彼女らには、名前も与えられていなかった。

塩冶高貞は武骨で田舎者だったが、藤の前を大事にし、大変愛した。藤の前も、それに応えるように、天皇からは一方的に愛を受けるだけだったが、素朴な高貞を本当に愛した。おそらく、この時期が、両者にとって、一番幸せだっただろう。

ところが、幸せは、残念ながら長続きしない。というのは、政局が慌ただしく変化したからだ。すなわち、楠正成も、新田義貞も足利軍に負けて、戦死する。後、後醍醐天皇も亡くなる。1336年に室町幕府成立。世は足利の天下。

この足利幕府の成立に大きく貢献したのが、高師直(こうのもろなお)。彼は実質権力を握り、暴政を始める。街に繰り出し、度の過ぎた荒淫のやりたい放題。これは、まるで盗賊と同じ。それを恐れるように、周囲も、おべっか連中に囲まれる。

ある時、ある侍従が、戯れに、藤の前の評判を話すと、忽ち関心を示し、熱を上げる。恋文を吉田兼好に頼み、恋文攻め。吉田兼好も、よく引き受けたと思うのだが、権力者の前には、膝まずかざるを得なかったようだ。

ところが、彼女は、無礼極まりないと、いつも、それを突き返していた。これに怒った師直は、兼好を首にして、薬師寺公義に、和歌を一首作らせて送る。

   返すさえ 手や触れけんと 思ふにぞ

       わが文ながら うちも置かず

これには、思わず使いの者に次の歌を返す。それは『新古今和歌集』にある寂蓮の次の歌。不倫をたしなめるような内容だ。

     さなぎだに 重きが上の 小夜衣

       わが褄ならぬ 褄な重ねそ

これには、高師直の周囲も困ってしまって、止めさせようと試みるが、ますます熱が上がるばかり。周囲は、彼の熱を冷まさせようと、今度は、藤の前が入浴している所を覗き見させる。実態を見れば、多分、幻滅するだろうと判断したのだが、意に反して、更に燃え上がってしまう。火に油を注ぐ結果になったのだ。思い込みが激しいと、そうなるんだろうね。

ついに、彼は、何が何でもと手に入れようと思い込み、彼女の夫の塩冶高貞を無実の罪で消し去ろうとする。それを察した高貞は、京から逃げ、山陰道から本国の出雲に向かう。妻の藤の前は、別ルートで、二台の牛車仕立ての輿で、二人の子供たちと一緒に、寺社参りの形にして、若者20人ばかりつけて、山陽道を西に逃げていた。

ところが、追手に、播磨の豊富まで来て、追いつかれ囲まれる。そこで、藤の前と子供は近くの堂に逃げ込み、火を放つ。実は、子供は、ある僧に託して逃がしている。藤の前は、炎の中で、一族の家来、村宗に胸を突かせ、村宗も自害して果てる。

後、彼女が自害した跡地に堂が建てられ、「焼堂」と呼ばれるようになるが、その際、焼けただれた彼女の念持仏の如意輪観音像(一寸八分)が見つかる。それが姫路市豊富町酒井にある円通寺(曹洞宗)に安置されている。なお円通寺とは彼女の法名「水月院円通妙王大姉」から採っている。

*注1

顔世御前という名は、『太平記』には見られない。この名は、後世、歌舞伎や浄瑠璃にする時、便宜的につけられた名だ。

*注2

弘徽殿の西の台とも。彼女は、後醍醐天皇の外戚の早田宮(さわだのみや)の娘と伝えられる。

|

« 平清盛と神戸 その十二 その他の地区の観光スポット | トップページ | 刈萱上人の無常観 »

姫路と播磨」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 平清盛と神戸 その十二 その他の地区の観光スポット | トップページ | 刈萱上人の無常観 »