« 2012年動向予測 国内編(三) 税制 | トップページ | 平成24年の初詣 »

2012年1月 3日 (火)

やはり“田舎”はいい

今年の正月も、いつものことだが、少し食べ過ぎ(笑)。寝正月だから、その後の体重の増え具合が少し心配。お節も、三が日異なるお雑煮も大変おいしい。お節は業者に頼んだものだが、初めて田舎お節。昔懐かしい子供のころを思わせるお節だ。

お節は自分でも作るが、アイテムは限られる。今回のお節は、少量ずつだが、内容も豊かで、楽しい内容。これに慣れると自分で作るのは少し億劫になる。来年、どうしよう。問題は、やはり味が少し濃いこと。早く薄味の健康お節を出してもらいたいものだ。

お餅も、年末に、走り回って、昔ながらの田舎お餅を入手。鏡餅と丸餅。神戸に住んでいた時は、割と簡単に入手できたのに、こちらは田舎なのに、入手しにくい皮肉。今年は老舗の饅頭屋も積極的に正月餅を販売していない。ここ数年、饅頭屋で入手した杵つき餅は、どうも機械づきのように感じたけれど。

田舎お餅は、水分が多いのかもしれない。所謂、生餅と言われるもので、長持ちしない。外に長く放置すれば、青カビが生えてくる。多分、鏡餅も、青カビが生えてくるだろう。それが害だという人もいるが、昔は、硬くなった餅についたカビを薄く剥ぎ落して、水に漬けて、焼いて食したものだ。

床の間に、どっしりと飾ってある鏡餅は、11日の鏡開きには、木槌で割って、水に漬ける。ただ生渇きだと割ることはできない。包丁を入れてはいけないと言われるが、細かくするには部分的には使わざるを得ない。それを水に漬けたものを焼いて、母はぜんざいにして、出入りの人にふるまっていた。それは近所も同様で、子供時代は、あちこちに駆けつけて頂いたものだ。

今は、鏡餅も、本当の鏡餅を飾る家は少ないという。情けないことだ。鏡餅風の鏡餅(プラスチックでできた鏡餅の形の中に丸餅が入っている)や、いつ、餅をついたかわからないような真空パックの鏡餅とかでは、正月を祝うことにならないだろう。

来年も、正月ぐらいは出来立ての田舎餅にしたいと思う。そうすれば神様も喜んでくれて、一家を幸せにしてくれる。なぜ正月のような大切な日も、ハレとして理解しない人が増えているのだろう。もっとハレやケの区別をはっきりさせたいものだ。

|

« 2012年動向予測 国内編(三) 税制 | トップページ | 平成24年の初詣 »

姫路と播磨」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 2012年動向予測 国内編(三) 税制 | トップページ | 平成24年の初詣 »