« 古事記編纂1300年から『古事記』を考える | トップページ | 頭のいい人とは »

2012年1月30日 (月)

東京電力は、最早、整理解体するしかない

東京電力は、最早、整理するしか道はないようだ。過去の経営数字に基づく電気料金の算出により値上げをしようとしている。彼らは、原発で事故を起こし、全国民に迷惑をかけた反省が全くない。安易な値上げを許すことは、決して許されるべきことではない。

冷静に考えても、日本の電力需要は今後、低迷するだろうから、既存の電力会社の存在価値は薄れる。今後は、価格競争に突入するだろう。それを見越して、早く、東京電力を整理解体し、発電・送電の分離をやるしかない。

政府は賠償問題で、整理解体をできないと言い訳するべきではない。日本航空の例もあるように、早く整理解体して、新しい事業会社にして、経営者を総入れ替えして、再スタートさせることが日本のためでもある。そして、そうすることが被災者のためにもなるはずだ。

|

« 古事記編纂1300年から『古事記』を考える | トップページ | 頭のいい人とは »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 古事記編纂1300年から『古事記』を考える | トップページ | 頭のいい人とは »