« 『感じる服 考える服~東京ファッションの現在形』を観賞 | トップページ | 突々和夫の木版画を観覧 »

2012年1月16日 (月)

出汁と煮豆

料理に出汁は欠かせない。最近の主婦は出汁を取るのも嫌がるらしいが、実際は、そんなに手間はかからない。昆布と鰹節さえあれば、あっという間にできる。その後は、工夫で、二番出汁とか、いろいろあるが、そこまでいかなくても、一番出汁で、そこそこの料理はできる。少なくとも、インスタントでは出せない風味が出る。

問題は、出汁ガラをどうするかということ。かつては3回に1回くらいは、昆布は塩コンブにしていたが、あまり食さないので、結局、無駄になるので止めてしまった。鰹節は、砂糖と醤油とみりんで、甘辛く炒めると、ちょっとした、おかずになる。ただ、最近は、あまり作らず、菜園に戻している。

ところで昆布の方は出汁を取って何回かは、最近、煮豆にするようにしている。また便利な大豆煮が売られているので、料理は楽で時間はかからない。それを利用し、ニンジン、ゴボウ、コンニャク、鶏肉などを1センチ四方に切って、出汁と砂糖、みりん、醤油で煮るだけだ。醤油は少なくするので、市販の煮豆より、あっさりした味になっている。それで、結構、気に入っている。それにしても、市販の煮豆は、なぜ、あんなに甘辛いのだろうか。

|

« 『感じる服 考える服~東京ファッションの現在形』を観賞 | トップページ | 突々和夫の木版画を観覧 »

医・食・健・康」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 『感じる服 考える服~東京ファッションの現在形』を観賞 | トップページ | 突々和夫の木版画を観覧 »