« 『万葉集』の“竹取物語” | トップページ | 求められる消費税の益税問題や課税対象の問題の解消 »

2012年2月26日 (日)

元証券会社社員の犯罪

証券会社出身の経済犯罪の多さにはあきれる。オリンパスの不正を指南したのも、元証券会社社員だし、AIJ投資顧問の出鱈目運営も、元証券会社出身だ。また上場会社でも、証券会社出身が財務に関与して、経営をボロボロにされた企業もある。それは、まだマスコミには取り上げられないが、今、表面化しているのは、氷山の一角に過ぎないだろう。

確かに、証券会社在籍中は、切れ者と言われた人が多いようだが、その能力の使い方を誤っている。多分、彼らには教養が足りないのだろう。先のブログても示したように、教養のない上に知識を積み重ねても、それは脆いものだ。今、エリートの日本人の質が問われていると言って、過言ではないだろう。

しかしながら、元銀行員にも、このような不正はあるのかもしれないが、これほど大掛かりな事件はあまり聞かない。やはり証券会社の持つ環境・体質にも問題があるのかもしれない(*注)。

*注

バブル時代、銀行の暴走があったが、その多くは破綻した。また、職員の在職中の不正はあっても、元銀行員の不正は、あまり聞かない。

*追記

株式投資する場合、有価証券報告書などを閲覧して、財務の責任者の出身を確認することが、リスクを避ける一つの方法だろう。財務担当に、元証券会社出身なら要注意だ。また過去に、企業の力量からすれば、とても発行できない公募増資した企業も、彼らの指南である可能性も高い。

|

« 『万葉集』の“竹取物語” | トップページ | 求められる消費税の益税問題や課税対象の問題の解消 »

経営関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 『万葉集』の“竹取物語” | トップページ | 求められる消費税の益税問題や課税対象の問題の解消 »