« 諭吉の八つの心訓 | トップページ | 『万葉集』の“竹取物語” »

2012年2月24日 (金)

変なトマトブーム

子供時代、母の作る青臭いトマトが苦手だった。今は懐かしいが、流通しているのは、甘いトマトが多い。大人になってからは、比較的よく食する食材だ。ところが、最近になって、マスコミを賑わせるようになって、少しトマトブームの様である。

京都大学の研究発表によって、メタボに効果があるということで、大騒ぎしている。毎日のように、マスコミに取り上げられ、実際、スーパーの売り場にはトマトジュースはなくなり、時期外れのトマトの売り場が大きく設けられている。日本人は、なんと権威に弱いことか。

ただ、本来、トマト、きゅうり、ナス類は、身体を冷やすため、今の寒い時期に食することは、身体を冷やし、適切な食べ物とは言い難い(*注)。それなのに、皆さん、飛びついている。またトマトを食するだけで、健康が維持できるわけでもない。おかしなことだ。もっと冷静な判断をしたいものだ。

*注

但し、寒い時期も、温めて調理すれば、害はない。

|

« 諭吉の八つの心訓 | トップページ | 『万葉集』の“竹取物語” »

医・食・健・康」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 諭吉の八つの心訓 | トップページ | 『万葉集』の“竹取物語” »