« 漢詩『宝船』で夢を | トップページ | 播州弁 その十一 あたりきしゃりき »

2012年7月12日 (木)

播州弁 その十 「いぬ」と「いのく」

今回の播州弁は「いぬ」と「いのく」。「そろそろいのか」と言えば、「そろそろ帰ろうか」という意味。「いぬ」が「帰る」の意味があり、それが「いの」に変化したもの。「そうやな、いのか」と返す。帰ると言うより、退出する意味が強いかもしれない。

それと紛らわしい言葉に、「いのく」という言葉がある。「これ、ちょっと、いのかして」とか言う。「いのく」とは、「動かす」という意。

何気なく使っている播州弁だが、文字にしてみると、いろいろ面白い。

|

« 漢詩『宝船』で夢を | トップページ | 播州弁 その十一 あたりきしゃりき »

姫路と播磨」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 漢詩『宝船』で夢を | トップページ | 播州弁 その十一 あたりきしゃりき »