« 播州弁 その十四 おちょくる | トップページ | 姫路ビエンナーレに行く »

2012年7月14日 (土)

播州弁 その十五 わやくちゃ

今回の播州弁は、「わやくちゃ」。これは関西弁として通用しているので、今更という感じだが、取り上げておこう。意味は、無茶苦茶。「折角、段取り付けたのに、わえのお陰で、全部わやくちゃや。どないしてくれるんや」とか言う。「わえ」は「お前」。

段取りしているのに、それをぶち壊しにする人はよくいるものです。連絡が悪いと言えば、それまでだが。わやくちゃの語源は分らないが、「わや」は駄目にするという意味があり、それに小さな子供が、掻きまわして滅茶苦茶にするというイメージと重ねたのだろうか。

|

« 播州弁 その十四 おちょくる | トップページ | 姫路ビエンナーレに行く »

姫路と播磨」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 播州弁 その十四 おちょくる | トップページ | 姫路ビエンナーレに行く »