« 文楽の振興のためには | トップページ | 半身達磨図のこと »

2012年8月22日 (水)

浄瑠璃 『芦屋道満大内鑑』について

今回は、以前にも、少し取り上げた浄瑠璃『芦屋道満大内鑑』を再度、話の内容を一部見てみよう。

今は亡き賀茂保憲の養女、榊の前は、賀茂保憲の後妻の謀略で、秘書『金烏玉兎集』を詐取され、その責任を負って自害に追い込まれる。彼女の恋人で許嫁だった賀茂保憲の弟子、安倍保名は、ショックで気が少し変になり、和泉の国の信太の森で、榊の前の妹の葛の葉にめぐりあい、彼女の両親の勧めもあり、葛の葉を榊の前の代わりとする決心をする。

そこに、追われていた白狐が安倍保名と葛の葉の間にやってきたので、助けてやる。そうしているところに、狐狩りをやっていた石川悪右衛門が現れる。安倍保名は、葛の葉に言い寄っていた石川悪右衛門と争うことになるが、何せ学者の保名は、こういことには全く駄目で打ちのめされる。そして、葛の葉も危ないところだったが、保名の従者、与勘平によって、助けられる。この時、保名は、傷を負ってしまうが、その時、葛の葉が介抱する。

話の内容は一応ここまでにするが、義理、人情、男の権力欲、女の嫉妬などが絡んで、いつの時代にも、通用する物語だ。続きの内容は後日、ブログで取り上げるかもしれないけれど(笑)、是非、読者で確認してほしいものだ。浄瑠璃関係者は、このようなあらすじや時代背景の解説を普及させるべきだろう。

|

« 文楽の振興のためには | トップページ | 半身達磨図のこと »

古典文学・演芸」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 文楽の振興のためには | トップページ | 半身達磨図のこと »